間違いだらけのリサイクルトナー選び(リサイクルトナー研究会)


リサイクルトナー販売店、購入者への支援(アドバイス)を行います。小冊子をご希望の方はカテゴリーの「小冊子申し込み」へ
by apollocreate
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

はじめに

 あなたの会社にも、毎日のように、
高品質リサイクルトナーを大幅値引き!」と書かれた、
リサイクルトナーのチラシが、数多く届いている事と思います。

ある時は、新聞に折り込まれたチラシ。ダイレクトメールやダイレクトFAX。その他、新聞広告でもよく見かけます。

「純正品トナーは高く、社内の印刷コストが増加して困っている。リサイクルトナーを使えば、コストが半分以下になることは知っているけれど、リサイクルトナーを使ってプリンタが壊れたらどうするの?」
本当に品質の良いリサイクルトナーはどのように見分けたらよいの?」
そんな期待と不安の中で、何を判断基準にしたら良いのかが分からない。
そのように思っていらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、リサイクルトナーの業者をうまく選ぶことが出来れば、品質の良いリサイクルトナーを手に入れることは可能です。
この小冊子には、そのために必要なノウハウが、ぎっしり詰め込まれています。
これは、実をいうと、本屋さんで売っている当たり前の事しか書いてない本とは、百八十度異なります。なぜなら、あなたが本当に知らなければならないのは、リサイクルトナー業界の丸秘情報なのですから。

この小冊子を読み終わった時、あなたは、
◆良質のリサイクルトナーカートリッジを選ぶポイントは何なのか。
◆どんな業者なら良心的なのか、そして、どうやって見分ければ良いのか。
など、レーザープリンタを安定的に使用するために、絶対に欠かすことの出来ない判断基準を身に付ける事が出来るのです。

もう、見ていられません。

純正品トナーカートリッジが4万円のところ、リサイクルトナーであれば15千円。月に10本使用していれば、毎月25万円の節約、年間でなんと300万円も節約する事ができます。

だからこそ、誰もが、大きな期待を抱き、それと同じくらい大きな不安を感じるのです。

◆経費は節約できるけど、プリンタは壊れないのだろうか。
◆安いけど、本当に印刷は大丈夫なんだろうか。
◆メーカーの保守契約に入っているけど、修理の時に、見てもらえるだろうか。
◆プリンタが壊れたときの修理代は誰が負担するんだろうか。
◆不良品だったら、すぐに代替え品を出してもらえるだろうか。
◆業者を信頼はしたいけれど、本当に良い品質のリサイクルトナーを扱っているだろうか。
◆使用済みのカートリッジが無くてもリサイクルしてもらえるだろうか。
◆使用済みカートリッジの回収はしてもらえるだろうか。
使用済みカートリッジが不法に捨てられることはないだろうか。
◆そして、なにより、プリンタが使えず、会社のメンバーに迷惑をかけることにならないだろうか。

あなたが真剣であればあるほど、不安は増すばかりです。

私は、運悪く、このようなリサイクルトナーの買い物に失敗した人たちの悲鳴を、今まで何度となく見聞きしてきました。
その度に、やりきれなくて、なんだか暗い気持ちになるのです。
そして、「このまま黙っていては、この業界は決して良くはならない。」という想いが強くなっていくのです。

 今のまま、何の判断基準も得られない状態で、購入業者を選ぶのは非常に危険です。
危なっかしくて、見ていられません。
少なくともこの読者の方だけでも、それだけは避けていただきたいのです。
 そのために、プリンタ業界、リサイクルトナー業界のプロとして、あなたに伝えなければならないことを一生懸命に書きました。

あなたにしっかりと伝わるように、何回も何回も書き直しました。
簡単に読んでもらえるように専門用語を避け、どんな方が読んでも伝わるように、出来るだけ分かりやすい言葉で書きました。

良質のリサイクルトナーを使用して、あなたは満足して笑うか、それとも、トラブルになって泣くか。

是非、この小冊子を読んでみて下さい。そして、快適なオフィスで、高速できれいな印字のレーザープリンタを働かせて、経費を思い切り節約してください。

2004年11月  

人気blogランキング
[PR]

by apollocreate | 2005-01-26 23:41 | 小冊子申し込み
<< 小冊子プレゼント 第一章 この小冊子を書くことに... >>